2020年9月:Wealthnaviからの不労所得

WealthNavi

2020年9月のWealthnaviからの不労所得

今月の分配金は4741円でした。

上の表では過去13ヶ月分のデータに絞っています。

今月はVEA(日欧株)、VWO(新興国株)、AGG(債券)からの分配金が入りました。
手数料は1813円。

なお、今月から毎月の積み立て額を3万円に増額しています。

総資産の推移

WealthNaviを開始した2018年2月以来の総資産の推移を見ていきましょう。
円建てでの推移はこちら:

そして、ドル建てでの推移はこちら。

円高のため、ドル建ての方が数字は良いです。

次に資産の内訳です。先に円建て。

次にドル建て。

円高ですので、円建てだとドル建てよりも利益が少なくなりますね。
ただ、ドル建てで投資できることに価値を見出しているので、個人的には無問題です。

分配金と手数料の推移

毎月の分配金の合計は手数料を上回ると予想していますが、表だけではわかりにくいのでグラフにしてみました(2018年7月以降)。

棒グラフのオレンジが分配金、水色が手数料です。
手数料は控除されるほうなので、マイナス表示になります。

それぞれ累計のデータを追加すると以下のとおり(2018年7月以降)。

なお、累計のデータはWealthNavi開始(2018年2月)以降のものを反映しています。

赤い線が分配金の累計青い線が手数料の累計です。
手数料は綺麗に緩やかな右下下がりのラインを描いていて、順調に増えていることを示しています。

概ね手数料の1.5倍が分配金という感じでしょうか。

今後の予想

2020年9月現在、米国の株価は若干の調整が入りました。
ただ、インデックスに関しては大きなダメージにはならず。

今後も小さな調整を繰り返しつつ、値上がりか横ばいを続けていくのでしょう。
ただ、米国株が残りの世界を牽引していく構図には変わりなさそうです。

今後行うこと

積み立て投資は大底を狙ったりするものではないので、毎月の投資はこれまでと変化はありません。
今の価格からさらに下がったとしても、安く買えることには変わりないので、多少の下落は無問題。

なお、9月以降は積立額を3万円に増額しています。
これで年間さんだと、積み立て系(WealthNavi、つみたてNISA、iDeco)に100万円ペースの投資となります。

内訳:
WealthNavi 3万円×12ヶ月=36万円
つみたてNISA 3万円×10ヶ月 & 5万円×2ヶ月=40万円
iDeco 2万円×12ヶ月=24万円

金融緩和で貨幣価値が相対的に低下していますので、様子見で投資に回そうかと。
ただ現状の高値圏では、調整・暴落を待ちつつ、ちびちび増額するのが良いかなと考えています。

WealthNavi の公式サイト:

WealthNavi