けっこうお得▶︎▶︎ハピタスアウトレットでお買い物

先日ハピタスにアクセスしてみたところ、ハピタスアウトレットという新サービスが始まっているのを発見。
以外とお買い得に買い物できたのでレポートです。

ハピタスアウトレットとは?

ポイントサイトとして有名なのハピタスが2019年8月21日にリリースした新サービスで、食品や日用品を格安で販売するアウトレットサイトです。

おすすめのポイント

オススメポイントは↓の3点なのですが、

個人的に嬉しいのは「おすすめ3」にある通り、5%ハピタスポイント還元!
ハピタス経由でLohacoなどを利用して日用品の買い物などをすることはありますが、5%のポイントが付くことはありません。

もし同じ商品で価格が同じなら、ハピタスアウトレットも選択肢に入りますね。

価格は安いの?

△が利用したのはオープニングセール第1弾が実施中の9月2日。
たしかにとんでもない価格破壊の商品もありました。

ただ、そのような価格破壊の商品が釣り商品というわけでもなく、その他にもそこそこお買い得な商品が揃えられていて、競合他社の通常価格はもちろんの事、セール価格をも凌駕しているものが多いように感じました。

大ロットが多い

安さの秘密は何だろう?
と疑問に感じていたのですが、その理由の一つとして、大ロットの販売が多いことです。

例えばLohacoなどでしたら、同じ商品でも小ロットと大ロットの2種類を提供することが多いのですが、ハピタスアウトレットでは大ロットのみ販売の商品も多いです。
そのようにしてコスト削減を図っているのかもしれませんね。

そのようなわけで、食品だと一人暮らしの人が購入すると消費しきれずに飽きてしまうかもしれません。

賞味期限に要注意

これも安さの理由だと思いますが、商品によっては期限まで1ヶ月程度というものもあります。
これは他のショッピングサイトのアウトレットコーナーでもありがちですね。

なお、食品の賞味期限は「おいしく食べられる目安」なので、期限を過ぎた途端に腐り始めるというわけではありません。
自己責任で期限切れを消費する分には何の問題もないでしょう。

アイテム数はまだまだこれから

まだ始まったばかりのサービスなので、商品アイテム数はまだまだ控えめ。
これは今後に期待です。

ただ、なかには「これはどこで見つけてきたんだ?」という、人によってはツボにはまる商品もあって、見ていて楽しいです。

配送サービスは至れり尽くせりではない

実際に注文して気づいたことですが、AmazonやLohacoなど、既存のショッピングモールでは当たり前のサービスが省略されています。

たとえば以下のようなサービスはありませんでした(2019年9月初旬現在):

配送日指定:「3〜5日後配送」などの表記だけでした
商品の発送通知:メールでの通知なし
商品のトラッキング:いつのまにか宅配boxに届いていた

もしこれらのサービスにコストがかかるなら、個人的には不要です。
どれも無くても不便は感じませんし。

ちなみに配送は佐川さんが担当してくれました。
Amazonとかは最近配送会社不足でデリバリープロバイダに外注するようになって、かえってサービス低下だと批判されていますし、そんなことになるぐらいなら不要なサービスはそぎ落として、必要最低限のサービスを確実に提供する方が良いと思います。

実際に利用してみました

今回、2つ気になった商品があったので購入。
さっそくレビューいたします。

なお、いずれの商品も、記事執筆時点(2019年9月9日)では取り扱いを終了しています。
アウトレット品は早い者勝ち!です。

日清 ラ王 豚骨醤油 5食×3=合計15食分

なんと15食で600円。
あのラ王が1食40円ということで迷わず購入しました。

ラーメンはそれほど好んで食べるわけではないですが、袋麺があれば小腹が空いた時にさっと作れるし便利です。

ちなみに、麺が全粒粉入りで、△は気にならないのですが、これが猛烈に嫌いな人は要注意です。

そして一杯作ってみました。

あまり食にうるさくないので十分美味しいです。
40円ならアリであります。
チャーシューとか海苔を買っても1食100円以内ですし、袋麺のコスパ最強です。

ちなみに賞味期限は1ヶ月後です。
さすがに全部食べるのは無理なので、賞味期限切れは織り込み済み。

ベル 天竺チキンカレー

個人的には「何でこの商品があるのだ!good job!」て言ってしまいました。
しかもAmazonでは1食あたり700円程度で販売されているのに、ここで購入すれば530円程度。
とはいえ、これは天竺を知っているからこそ選んだもので、一般的には割高かもしれません。

天竺とは北海道の札幌市と北広島市にあるスープカレー屋さんで、ベルとは食品会社のベル食品のこと。
どちらも道民の方には知名度の高い存在だと思います。

スープカレーはスープの重量がある分、普通のレトルトカレーよりサイズは大きく300gになります。

中のレトルト袋はそっけないもので、賞味期限が記されているのみ。
ちなみに、2020年1月までの期限がありました。十分長いです。

さっそく盛り付けてみます。箱の写真通りかな?

うーん、チキンが沈んでちょっと残念な見た目だけど、具材は写真通りの分量ちゃんと入っています。

内容は鳥もも肉が2切れとぶつ切り人参が3切れ(4つあるけれど、割れた2つ分でたぶん1つ)。
他の野菜は入っていません。

味はバランスの良い万人ウケする味で、これなら500円ちょっと払ってもいいと思います。
ただスープは美味しくとも、具材はやはり寂しいので、ナスの素揚げやゆで卵、その他好きな野菜をトッピングすればより楽しめると思います。

ということで、後日トッピングしてみましたら、まあ!美味しそう。

ちなみに、北広の天竺のスープカレーはこのとおり、最高のビジュアルです。

具沢山だし、熱々だし、チキンはレッグ1本分入ってこれで1200円だったかな。
実店舗は千歳線の北広島駅すぐ近くなので、新千歳空港から札幌までJRで移動するなら、ぜひ寄り道して食べてほしいです。

ともあれ、カレーは本物とレトルトを比べてはいけません。別物なんですから。
レトルトはレトルトなりの楽しみ方で食べればいいと思います。

ハピタスアウトレットの今後に期待です

という感じで、たまたま見つけたハピタスの新サービスハピタスアウトレット。
オープニングセール中ということもあり、お得にお買い物ができました。

シンプルなサービスで、個人的には使いやすかったので、今後規模が大きくなっても同じポリシーを貫いてほしいと思いました。
お客はコストを考えずわがままなものなので、お客の言われるがまま余分なサービスを付加すると、かえって値上げになりそうですし。

あと、ここでしか買えない、良い意味での「変な商品」に期待しています。
今回の買い物なら「天竺カレー」みたいな。


2019年9月9日現在、オープニングセール第2弾を実施中です。
ちょっと覗いてみて面白アイテムを探してみてはどうでしょう?